SSブログ

思い出作品の部屋☆ 思16「雑「雑誌WOWOで連載始まる」 [趣味・カルチャー]

  

原稿を執筆し始めた時には、これまで経験したことのない異常な現象を体験してしまいましたが、編集担当のUさんのお陰で有能な方に協力して頂き、睡眠できないという現象から解放されて、大宮の氷川神社へ参拝した後はまったく苦しむことなく、楽に思う超古代作品を書き上げることになりました。


1987年(昭和62年)8月1日サンケイ出版の雑誌に新連載の「天之稚日子」400枚が一挙連載になりました。


 執筆中のこれまでにない異変が起こって眠れない日が何日もあったために、その処理をどうしたらいいのか困っていたところを、編集担当のUさんの親しい霊能者のお陰で、大宮の氷川神社へ参詣に向い、いくつかの変わったことを体験しましたが、その後眠れないという異変は解消して、一気に原稿は書き上げることができました。そのお陰で連載に関しての準備は終えることができたのですが、イラストに関してはいささか期待通りという訳にはいきませんでした。勿論事前に何人かUさんが選んだ人の中から、私もこの人にお願いしたらという指示をしたのですが、実際に仕上ったものを拝見したところ、神々の世界の話を書くということでは、一寸厳しさが表現できないということを感じました。その原因はイラストがペンで書かれているために、どうしても淡彩になってしまうのです。ちょっと困ったとは思いましたが、出版には間に合わないために、そのまま変更もしないまま終わりました。


 雑誌はJRの駅の‥‥でも販売されていました。


 サンケイ出版もかなり期待して下さったのでしょう。


 勿論新しい出版社での仕事にどういう反響が帰って来るのかと、興味津々でいたのです。


                                             「WOWO連載」1.jpg


         「WOWO連載・1」1.jpg 「WOWO連載・2」1.jpg 「WOWO連載・3」1.jpg


                                   「WOWO連載・4」1.jpg


  


出雲の取材の結果を特集記事にされた、巻頭の紹介記事に従って、「天之稚日子」が乗りました。現在評判になっている「宇宙皇子」のシリーズは、壬申の乱以後の世界を背景にした仮想現実の古代小説ですが、今回の話はそれより前の、所謂無の宇宙に起こったビッグバーンによって誕生した日本誕生記からとき起こす超古代史です。つまり「古事記」に基づいた話です。


 「宇宙皇子」とはまったく違った、神々の世界での話です。


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

JenlaDolo

похоже игровые автоматы multi gaminator

<a href=http://forum.randkivip.pl/archive/index.php?thread-20-19.html>вулкан делюкс демо</a>
by JenlaDolo (2021-07-23 20:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。