SSブログ

言霊謎解きの部屋☆ 言42「ひとくち言霊」(天子南面) [趣味・カルチャー]

                                           「若菜イラスト」.JPG 


 現代の政界の様子を見つめていると、国民を引っ張っていく強力な指導性を持った政治家が見当たりません。そんなことを考えているうちに、ふと思い出したことがありました。

中国の三世紀頃に作られたということが言われている、指南車というものです。はじめに仙人の木像を乗せて南を向けておくと、歯車の仕掛けで常に南を指すようになるという車のことですが、かつて剣道指南をはじめとして。○○指南とか指南番という表現が使われるものが沢山ありました。つまりある世界の指導的な立場にある者を、指南役と呼ぶことが一般的でした。


リーダーたる者は軽挙妄動して、あっちを向いたり、こっちを向いたりして、ふらふらとしないということを示しているのですが、古代において指導的な立場にある者は、常に南を指し示す指南車のように不動の姿勢を表わす象徴として、目指す方向を変えないということを大事にしていたのですが、国の民を指揮しながら進むべき道を示さなくてはならないのは朝廷に君臨する天皇です。そんなことから日本の古代では、天子南面すということが大事にされていました。中国の道教思想によるものでしょう。都が作られる時の指針として、天皇の玉座は常に南に面していられるようなところが選ばれました。


ところが飛鳥時代を築いた天武天皇から皇位を受け継いだ持統天皇が、後押しをしてくれる藤原不比等の出身地である藤原へ遷都しようとした時、天武天皇の長男である武市皇子は、その地が宮都としては向いていないといって反対しました。


ところが彼女は聞き入れずに遷都を強行してしまいました。


しかし間もなく藤原京は、天子南面すという条件を満たすにはあまりにも難点があるということに気がついたのです。つまり天皇がいる場と、臣下の控える場の土地の高さが逆になっていることに気が付いたのです。つまり臣下のいるところが、天皇のいるところよりも高くなってしまい、見下ろす形になっていることに気がついたのです。これでは天皇もいい気持ちでいられるはずはありません。藤原京はわずか十年という短命の都という記録を残して終わることになってしまったのでした。


都はわずか十年という短い年限で終わり慌ただしく平城京へ移転していったのでした。別の言い方をすると、指導者には常に輝く存在であるというお話なのかもしれません。                                          


nice!(0)  コメント(0) 

思い出作品の部屋☆ 思15「新たなる野望」 [趣味・カルチャー]

 

 「幻想皇帝」


これはこれまでの「宇宙皇子」を担当する三人の編集とは違って、その上司として活躍していた女性編集者で、これまでは「宇宙皇子」の大ファンとして何かと協力して下さっていたTさんとの話をする中で生まれたものでした。つまり「もう一つ書きたいものがあったらやってみませんか」という誘いがあってって、創作意欲を掻き立てられて誕生した作品なのです。


 もうこの頃の私の創作意欲は抑えがきかない状態にありましたので、「宇宙皇子」が好調に進行しているという背景もあったことから、まったく違った発想の作品を書いてみたいという意欲を抑えられませんでした。彼女の発言は正にそうした今の私の気持ちの高まりに火をつけることになってしまったのです。「宇宙皇子」のシリーズの大好調な成績を背景にして、それとは違った味わいのある作品にも挑戦してみたいという気持に駆られていったのです。かつて角川社長から、50巻を越えるようなことになったら100巻目標になりますよと言われたことがありましたが、Tさんはそんな話に乗って目標は50巻ではなく60巻にしましょうとまでいって、私の創作意欲を掻き立てていったのです。


 その結果1987年(昭和62年)2月に発売された「幻想皇帝」で、是非数十巻という大構想の物語を完結したいと思っていた、大変気に入っていた仮想現実作品で、意欲も溢れる作品でもありました。


 「宇宙皇子」は日本の古代という広大な歴史世界を舞台にした作品として、ある程度安定した地歩を築いていけると確信できるようになっていたところでしたので、今回は1985年に古代の日本と関係が深い中国を取材したくて出かけた時に、わずかではあったのですが、その広大なスケールの中国大陸の一端を知ることになったことが刺激になっていたこともあったことから、思いきった奇想天外と思えるような作品を書いてみたいと思うようになっていたのです。この時から機会があったら仮想現実の思いきった物語を、書こうと思っていたところでした。日本と同じような土壌に発展してきている中国の歴史を、これまでとは違った構想で書いてみたいという気持になっていたのです。


                 「幻想皇帝1・男は峠で、夢を見る」1.jpg


イギリスで産業革命が始まってから、じょじょにその勢いがフランスに及んで、いよいよフランス革命ということになるのですが、その頃の世界を舞台にして、私はそのころフランスの社交界を背景に活躍するジョゼフ・フーシエをヒントにした「風生」という男がその渦中に入り込み、とてつもない野心をもって動き廻るという話を組み立てたのでした。


 市民による革命によって揺さぶられていく王家の乱脈な暮らしぶりを描きながら、その中で生き残っていくフーシェという男が巧みに生きていく様子を書いていったのです。


 イラストに末弥純さんを起用したのも角川書店の意気込みを感じさせていました。兎に角このシリーズを編集を担当したTさんから、「宇宙皇子」とは違ったもう一つのシリーズを起こして欲しいという依頼があって書き始めたものです。


 中国への取材にも何度か行きました。


 その結果SFファンタジーとしての最終的な狙いであったフランスと中国が入れ替わってしまうという大変な意図があったので、その構想を理解して頂くために主人公の風生が動く世界の規模を、私自身がイラストまで描いて出しました。如何に私が乗っていたかが想像できるでしょう。やがて物語が進行するうちに、中国を舞台に話は展開していたはずですが、最期にはそのまま中国の舞台がフランスのそれに入れ替わってしまうという、奇想天外な世界が実現するということになるはずでした。


                「幻想皇帝」(構成イラスト)1.jpg


 私のやろうとしている世界について読者はもちろんのこと、イラストレイター、編集者にも理解しておいて貰いたいという気持があって、自分で大雑把な目標を書いて提出しておきましたが、やがて出版された時には、これをプロの編集者が整理をして載せてくれました。


イラストも大変好きであったので、きっと大きく飛躍できる同志だと思って楽しみにしていたのです。すでにシリーズはスタートして間もない時に、旧知のテレビ番組などの作家であったW氏も、ファンであると宣言してくれたほどで、私はもちろんですがかなりの大作を書ききるつもりで進行していたので、あっという間に五巻まで進行していたのですが、ある日突然私の中心となる作業はあくまでも「宇宙皇子」であるという会社の方針で、そのスケジュールを圧迫してしまうことは出来ないという意向があって、残念ながら膨大な野望を秘めた「幻想皇帝」は、そのまま突っ走らせることができなくなってしまったのでした。


     「幻想皇帝1・男は峠で、夢を見る」1.jpg 「幻想皇帝2・さらば、蒼き浪漫」1.jpg 「幻想皇帝3・奥様、お手をどうぞ」1.jpg 「幻想皇帝4・宿敵のいる風景」1.jpg 


執筆する私自身はもちろんのこと、後輩作家の支援、読者の期待もあったのですが、会社の希望もあって「宇宙皇子」の作業を優先するために、作業を中断することになってしまったのでした。野心的な作品の実験は目的を果たさずに、その途中で作業を中断せざるを得なくなってしまったのでしたが、現在は角川書店に大変お世話になっているということもありましたので、どうして人気シリーズになりつつあったものを中断するのかという抗議に近いファンレターも頂いたのですが、ついにこの異色作品は5巻まで書いたところで中断せざるを得なくなってしまったのでした。


執筆する私自身はもちろんのことですが、読者の期待もあった野心的な作品の実験は目的を果たさずに終わってしまったというお話でした。


 残念なことです。


いつか機会があったら、復活したい作品としていつまでも心に残りつづけている好みの作品です。 


 


 


nice!(0)  コメント(0)